霞の空 ゆーたのバス釣り釣行記

東京在住の二児の父をしているゆーたと申します!霞水系の釣果や釣りに関することを書いていければいいなと思っています。子供が小さくあまり釣りには行けませんがバスが釣れた時の感動を伝えていければなと思います!車も好きなので車についても書いていきます!

『霞ヶ浦水系』早春のシャロードリームを狙う!春爆ポイントを教えます!『ワカサギパターン』

会社関係の業務でまったく釣りに行けていません。

禁断症状による釣具の買い物が止まらなくなりそうです。

 

いきなりグチりました!

 

というわけでシャロードリームを狙いやすいポイントを紹介します!

どういうわけだよってツッコミはいりません!笑

 

本来はワカサギパターンをいまいちど考えてシャロードリームをつかむための研究記事を書きたいのですが時間がなく書いている暇がないのでとりあえず春爆が起こりやすいと言われているポイントを紹介しておこうかなと思い記事にしてみました!

 

 

 

シャロードリーム

 

f:id:yu-_ta:20200204153930j:image

簡単にシャロードリームを説明しておきます。

まぁ霞ヶ浦水系でバス釣りをする人なら当たり前のことですかね!?

 

ワカサギが産卵期を迎え早春のシャローに上がってきます。これがシャロードリームの前提条件です。

ワカサギの産卵期の後にバスの産卵期が始まります。

そのため産卵行動直前のバスが体力回復のために弱ったワカサギを捕食しにやってくるわけです。♀だけでなく♂もやってきます。しかし釣れるのは♀が多いようです。

 

大型の♀バスから行動が始まるため早春のシャローは大型の♀バスがワカサギの捕食行動をしている可能性が高いと言われています。

 

そんな大型の♀バスを気温的には寒い人間的にはまだまだ冬のこの時期に10センチ前後のワカサギサイズのビックミノーを使ってシャローで釣り上げたろうじゃないかという冬の浅瀬の一発逆転みたいな夢の釣りをいつからか誰かが『シャロードリーム』と呼ぶようになったのです。

 

ドリームというくらいだからなかなか難しい釣りです。

月一アングラーの私にはほんとにドリームなんじゃないのかってくらい難易度の高い釣りです!

やることは簡単ですがバスを釣り上げるのは容易ではないですよ!

 

これがシャロードリームです。

f:id:yu-_ta:20200204154049j:image

なんとかシャロードリームを掴むためにポイントをいち早く紹介しておきます!

 

ポイント紹介

 

いつものことですが私のポイント紹介はまだまだポイントを知らない初心者の方に向けたポイント紹介です。

よって有名ポイントばかりでなおかつピンポイントは教えないという方針で書いてます。

 

穴場のピンポイントは釣り場に何度も足を運び自分で見つけてみてください!

 

霞ヶ浦編

 

和田エリア

 

霞ヶ浦本湖でワカサギパターン狙うのであれば必ず頭に入れておきたいポイントです!

 

アシとクイが重なる複合エリアでありバスのストック量が多いポイントです!

しかし根掛かりが多いポイントでもあるのでビックミノーのロストは覚悟の上でポイントに入ってください。

 

昨年、私はこのポイントで4時間くらい粘りビックミノーを3個ロストしてます。

 

大山スロープ

 

こちらも霞ヶ浦本湖でのワカサギパターンでは外せないポイントです!

 

石積みとハードボトムが続くエリアになり弱ったワカサギが集まりやすいポイントになります。

 

しかし私の中では強めの風が当たっていない時は極端に釣れなくなる印象があるので風が当たっていれば入るという感じのポイントです。

もともとワカサギパターンはタイミングが大切な釣りではありますが大山スロープはその中でもさらにタイミングを気にして入るべきポイントだと思っています!

北浦編

 

メルヘン前

 

言わずとしれたポイントですね!

ワカサギパターンの時期には必ず話題になるポイントです!

このポイントを1日中いったりきたりできれば最高なんですがワカサギパターンの時期に1番人気があるポイントと言っても過言ではない場所なので2月中旬から5月後半くらいまでの休日は管理釣り場状態で移動できるような状況ではなくなります。

 

自分が立っている場所から目の前の投げられる場所のみが狙えるポイントとという状況になるので人的プレッシャーはハンパではないです!

 

しかし魚のストック量も随一なのでワカサギパターンのときには必ず寄っておきたいポイントです!

 

潮来マリーナ周辺

 

ワカサギパターンの時だけではなく常に人気のあるポイントです

北浦で釣り大会が行なわれた時のバスのリリースエリアになることが多い場所なのでリリースされた後に居つくバスも多くバスのストック量か多いポイントと言われています!

 

私としては致命的な根掛かりが少なくビックミノーのロストが少ないポイントだと認識しています!

 

ワカサギパターンを試したいがビックミノーのロストによる精神的ダメージには耐えられないという精神状態や金銭状況の時によく立ち寄るポイントです。笑

 

潮来マリーナ内は釣り禁止なので立ち入らずに釣りをしてください!

以上、霞ヶ浦本湖と北浦で2箇所づつポイントを紹介してみました!

 

まとめ

 

今回はシャロードリームについてのポイント紹介をしてみました!

基本的にはシャロードリーム=ワカサギパターンなのでワカサギが多いポイントが有力になります!

紹介した4箇所以外にも霞ヶ浦本湖、北浦のどちらとも有名なポイントが多数ありますし鰐川や利根川、北利根川などにもポイントは多数あります!

人的プレッシャーなどを考慮したポイント選びも重要かもしれません!

 

しかしシャロードリームはポイントよりもタイミングに左右されることが多い釣りなので必ずしも有名ポイントがいいとは限りません!

 

その時の実際の釣り場の状況を踏まえてポイントを選んでみてください!

 

2月の中旬から3月上旬あたりで私もシャロードリームを狙いにいきたいと思っていますが今の仕事の状況では狙いに行くことどころか夢を見ることさえ許されないかもしれません。

 

ポイントを紹介したので私の分まで夢を追ってください。

 

それではさようなら。

 

哀愁漂う感じになりましたがシャロードリームは当たって砕けろです!

 

冬だから釣れなくて当たり前くらいの軽い感じでシャロードリームを狙いに行ってください!

暗い気持ちで行くとビックミノーのロストとデコでバス釣りを嫌いになっちゃいますよー!

 

明るくいきましょう!

 

それではこの辺で失礼いたします!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!