釣行直前は調べない!コレが釣果アップのコツ!?

釣りに行く前はYouTubeを見たり、ブログを見たりしてその時の釣り場の様子や雰囲気を調べちゃいますよねー!私も釣りに行く前はいろいろなサイトを訪問させていただき情報収集します!

スポンサーリンク

・調べてはいけない

釣行前の情報収集はしてはいけません!

自分は調べまくるくせに偉そうなことを言うな!っとお叱りを受けそうですね!

さらに調べてもらうためのブログを書いているヤツが言うのもなんの説得力もありません!

そんな矛盾だらけなんですが釣行前は調べないのが釣果アップのコツなのです!

なぜかを説明していきます!

スポンサーリンク

・固定観念にとらわれてしまう

固定観念にとらわれてしまうから。

釣果前に調べてはいけない理由はコレに尽きます

バス釣りにおける固定観念は非常におそろしいものです。

固定観念=凝り固まった考え

固定観念と書くと大袈裟ですかね。間違った先入観とでも言った方がいいかもしれません!

バス釣りに関してはシーズナルパターンがたくさん存在していて季節ごとに良く釣れるとされる釣りが多くあります。コレがやっかいなのです。

釣行前の情報収集の最大の目的は釣れている場所と釣り方を調べることだと思います!私も霞ヶ浦水系の状況をいた早く届けるために釣行記録は当日か翌日には記事にしています!そういった釣行日直近の情報を収集するのが釣りに行く前によく行われる調べ方だと思います。

直前の情報は季節感バスの居場所をなんとなく掴むのに最適な情報であるとともに先入観も同時に植え付けられてしまいます。

具体的な例を挙げておきましょう!

3月の今、私のブログで人気上位に必ずいるのがシラウオパターンの記事です!実際シラウオパターンは3月から有効になってくるパターンなので人気になるのは必然です。

では実際3月上旬から中旬にシラウオが大量にいるのかというと答えはNOです。チラホラレベルでシラウオはいるのでバスもシラウオを意識しはじめてシラウオパターンで釣れるようにはなりますがまだシラウオパターンをメインで組み立てるほどのシーズンではないです

ですがYouTubeやブログではシラウオパターンでの釣果が連日どんどん上がってきます。これを鵜呑みにしてシラウオパターンで釣れるという先入観を持ちその先入観をもとにシラウオパターンで人気のポイント、釣り方なんかをさらに深く調べてから当日を迎える。当日シラウオパターンで人気のポイントに着いてシラウオワーム投げたら1匹もシラウオが追ってこないなんてことがあります。しばらくシラウオパターンで粘るも釣れなくて、その日の予定を組み直す必要がでてくる。このような例はよくあることです。

釣行直前に調べた内容が記憶に残り、先入観を持ってしまったために他の釣り方は調べずに現地入りしてしまうヤツです!

こうなると他の釣りが思い浮かばずどんどん悪循環にハマり釣れなくなります!怖いですねー!

スポンサーリンク

・まとめ

固定観念や先入観を持ってしまうとバス釣りに対する視野が狭くなり柔軟な対応ができなくなります。これはほんとにおそろしいですね!

私も先日の釣行で午後はメルヘン前でかなりの時間粘ったのですがこれは春はメルヘン前がいいという固定観念によるものです。その日は風向き的にはメルヘン前はあまりいい風ではなかったのですが過去のデータからメルヘン前だと決めつけて粘ってしまったのです。

まぁなにが言いたいかって話なんですが固定観念や先入観を強く持たずに柔軟に対応できるようにしましょうという話しでした!釣行直前は調べてはいけないと大袈裟なことを書きましたがブログやYouTubeを見て調べてもその内容に流されず当日のフィールドの状況を見てその日に合った釣りを展開できればいいわけです!

まぁ私は流されやすい性格なんでムリです!w

いろいろ書きましたが固定観念はデメリットばかりではありません!ビックベイトなど簡単には釣れない釣りをしている時は固定観念は大切です。ビックベイトなんかはなにかの理由で投げ続けるモチベーションが維持できなければ1日やり切るのはなかなか難しい釣りです。今、ビッグベイトはマッチザベイトだから絶対釣れるみたいな固定観念があると粘れたりするもんです!

固定観念や先入観のコントロールは難しいですが釣行直前に調べた内容を鵜呑みにしないよう準備をしましょう!

では最後までお付き合いいただきありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
     メガバス オンライン商品

コメントを残す