夏休みに霞ヶ浦水系でバスを釣るためにやるべきこと。

そろそろ夏休みが近づいてきているのでこのブログも『夏休み 霞ヶ浦』『夏 霞ヶ浦 ポイントといったような検索で見てくれている方が多くなってきました!

そこで夏休みに霞ヶ浦水系でバスを釣るための攻略記事を書きたいと思います!

わたし自身が夏休みを攻略できていないですがほっといてください。(笑)

スポンサーリンク

・シェード攻略

夏休みの攻略記事ですが夏休み以外の日でも意識する必要があることばかりです。

まずはシェードですね!

夏はなんといってもこれです!

シェードがない有名ポイントを攻めるよりもシェードが形成されている無名ポイントの方が釣れる可能性が高いというくらい大事になってきます!

太陽の位置をしっかりと確認して移動していくのが大切です!

太陽の位置で護岸際はシェードができるので狙い目ですね!霞ヶ浦水系の永遠と続く護岸がシェードを作ってくれるのでポイントは無限大です!

あとは小規模河川やアシまわりなんかもシェードが多いポイントです!

そんなオーソドックスなシェードを攻めるのも大切ですが夏休みにおすすめしたいシェードはこんなところです!

この写真だけでは意味がわからないですね!

上の写真のように護岸際にシェードができていないということは日を正面方向から受けているということです。

あえて日が当たる方のポイントに立っているわけです。こうしてシェードが少ない場所を狙います!

このようなドッグの壁や水門の消波帯は日が当たる方向にいてもシェードができる角度の時がありますし、極端な話し杭一本でもシェードはできます!

そんなピンポイントシェードがある場所が狙い目です!

なぜそんな夏の定番とは逆行する場所を狙うのかというと太陽の位置でシェードが護岸際に大量にできる方向はシェードが多い故にどこのシェードにバスがいてもおかしくありません。しかしシェードが少ないところに行けばそこのピンポイントシェードにバスがいる可能性が高く狙うポイントを絞れると考えることができるからです!

霞ヶ浦水系にはこんなポイントはいくらでもあります!よく魚がついている自分だけの隠れピンポイントシェードを見つけてみてください!

ちなみに私は鰐川でよく魚がついている一本杭のシェードを知っています!こんなポイントを見つけるのがいいと思います!

・水の動き

これも夏は当たり前の話です!

かっこよく言うとカレントってやつですね!

夏場は水温の上昇に伴い、水の動きがない場所は水が悪くなり酸素が減ります。

そんなところのバスはいてもやる気がなく釣るのが難しいです!

水門や流入河川の合流点など大きい水の動きも大切ですが夏休みはそういった大規模な水の流れではなく小さい水の流れを意識して釣って行きたいですね!

具体的にはチョロチョロくらいの水が土管から流れていたりするところなんかです!そういった場所にはそのポイントで最もやる気のあるバスがついていることが多いです。いまのうちからそんなポイントを見つけておくといいかもしれません!まぁそういうチョロチョロ系の水源は常にあるわけではないので夏休み当日に水が止まっているなんてことも日常茶飯事ですが…。

あとは風でできる水の動きも大切です!風の吹き始めや風向きが変わるタイミングはいいポイントに立っていたいですね!

風向きアプリはこちらの記事をどうぞ

スポンサーリンク

・人的プレッシャー回避

これは連休特有の攻略法ですね!普段の土日も人は多いですが人気エリアが管理釣り場状態になるほどではないですからね!

上記した日の当たる方のピンポイントシェードや、チョロチョロ系カレントなんかもこの人的プレッシャーを意識した対策です!

人気のエリアはストラクチャーが豊富でシェードが形成されやすかったり、水通しがいい場所ばかりです。

そういったところだからバスのストック量が多くバスがよく釣れるから人気ポイントになっているわけですね。

当然、連休中もこういった人気ポイントに入ってバスを狙いたいです!しかし人が多くキャストできるところが限られた状況では必ずしも人気ポイントがいいとは言えません!!人気ポイントが故に人が入れ替わりで入っていてスレきっていることも多いですし。人気ポイントにはタイミング良く人が少なかったら入り釣れなかったらすぐに移動というくらいの気持ちで基本的には人がいない無名のポイントを回って釣りをしていくのがベストだと思います。

特に真夏の太陽が高い位置のときの正面から日を浴びる方向は人間的にもつらい方向なので人が減る傾向にあります。そんなところのピンポイントシェードを攻めるのがおすすめです!

スポンサーリンク

・まとめ

今回は夏休み攻略記事を書いてみました!

まぁ目新しいことのない当たり前と言ってしまえばそれまでの記事です。

しかし人が多くてプレッシャーが高く、水温も上昇し魚のやる気がないときにはセオリー通りの釣りをしっかりと地道にこなせる人の釣果がいいのは確かです。そういった方に学びセオリーを意識した釣を展開していきましょう!!

ちなみに私はトップ、ビックベイトばかりでセオリー無視です!!そんな釣り方はやめましょう!!

でも人と違うことをやるのは悪いことではないですよ!

最後は身も蓋もない感じで終わりたいと思います!

そろそろ梅雨明けです。暑さ対策をしっかりとして熱中症にならないように注意して釣りをしましょう!

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す