霞ヶ浦水系の夏におすすめなポイント3選!

今回は夏休みに霞ヶ浦水系への釣行を予定している方のお役に立てればいいなと思い、夏におすすめなポイントを3箇所紹介しようと思います!

どこもそれなりに有名な場所ですが夏の霞ヶ浦水系では外せないポイントだと思います!

スポンサーリンク

前川

f:id:yu-_ta:20190807123552j:image

有名な河川ですね!

写真で見ただけでTHE夏って感じのポイントですね!

夏場は対岸にオーバーハングアシがあり常にシェードを形成できているので夏のポイントとしてはぴったりです!

f:id:yu-_ta:20190807123547j:image

とくに鰐川よりの前川がオーバーハングとアシが多いエリアになるのでそちら側をおすすめしたいです!

f:id:yu-_ta:20190807123537j:image

上の写真の北利根川方面の前川もいいですがやはり鰐川よりの方が夏らしいポイントになっています!

見た目が釣れそうな雰囲気ムンムンですが実際はかなりシビアです!

対岸のオーバーハング下に虫系ルアーを落とすといい釣果が出ることが多いです!

テキサスなんかを落としていっても釣れないことの方が多いように感じます!

やっぱり夏なんで表層なんですかね!

横利根川

f:id:yu-_ta:20190808081643j:image

これもまた有名なポイントですね!

河川全域で護岸整備がされているので足場もよく初心者を連れて行っても安心な河川です。

写真のような護岸が永遠に続きます

中には隠れテトラが入っているエリアもあるので見つけてみてください!

f:id:yu-_ta:20190808081648j:image

護岸整備がしっかりされているので太陽の位置を見て立つポジションを考えれば護岸のシェードがあるのでシェード探しにも困ることはありません!

f:id:yu-_ta:20190808081653j:image

ほぼ護岸整備されている河川ですが写真のようなポイントもありフィーディングタイムにトップで狙うのも面白いです

ロープが大量にあるので根掛かりには注意です!

船の横なんかをビックベイトで流すのも面白いかもしれません!

ビックベイトを流すと見に来る魚はいますが喰いません

流入河川や流れ込み、流れ出しなどもあるのでカレントの効いたポイントもいくつかあります!

エントリーしやすいポイントばかりなのでいろいろ回ってみるのが面白いと思います!

永遠に護岸を狙って行く釣りになるのでワームよりはファーストムービンク系のルアーで素早く探りピンポイントでワームを撃つ釣りを展開していくのがいいと思います!

スポンサーリンク

堀割川

こちらもなんどもメディアに登場している河川で有名です!

f:id:yu-_ta:20190808090130j:image

護岸、オーバーハング、水門、流れ出し、流入河川など夏に欲しい条件はすべてそろってます!

堀割川自体に流れがある時があり水がフレッシュな時を狙いたいです!

小規模河川では珍しくバスボートでもかなり上の方まで上がってこれる河川でありまたバスボードで北浦からのアクセスも良好ということでバスボートユーザーにも大人気のポイントです!

掘割川で釣りをしていると上流と下流からバンバンバスボードがやってきてどんだけくんだよって思います!笑

よって人的なプレッシャーがハンパじゃないです!

オカッパリにもたくさんのアングラー、さらにひっきりなしに上がってくるバスボートですべて撃ち尽くされているのではと思うくらいです!

ではなぜそんな河川を紹介したかというと堀割川自体が小規模河川ですがさらに掘割川への小規模流入河川がいくつかありそこが狙い目だからです!

ピンポイントでは教えられませんが堀割川自体そんなに大きくない川なので回ってみればすぐにみつけられます

ポイントの写真を載せられないので堀割川で釣ったバスを載せておきます!

f:id:yu-_ta:20190808090121j:image

スポンサーリンク

まとめ

今回、紹介した3つのポイントで1日中まわれるくらい、いいポイントが多々あります!

夏なんであまり移動せずにいいなと思った1つの河川をじっくり攻めてみるのも面白いと思います!

しかし前川と堀割川は水が悪いときはあまり釣れない印象なのでよくないタイミングのときにじっくり攻めてもなにも起こらない可能性が高いのでカレントが効いてなさそうで水が悪いなと感じたらこの2つの河川については見切ってもいいかもしれません

逆に水が悪いときに流れ込みなんかがありそこだけ水がフレッシュなときは連発もあるので見切りつつも条件が揃っているところがないか探しつつ見切ってください!笑

横利根川に関してはあまり水が悪くなることがない印象です。

ダメなところもあれば魚が溜まっているところもあるという感じなので1箇所ダメでもすぐに見切らずに別のポイントに移動してみるのがおすすめです!

太陽が当たっている側だけど船が係留されていてそこにはシェードができているとかそんなちょっとした変化がたくさんある河川です!

細かいところを攻めるのが横利根川の攻略法だと思っています!

またそういった攻め方が人的プレッシャー対策に有効だったりもします!

横利根川のポイントは北利根川よりなのか利根川よりなのかでだいぶ状況が違うので簡単に見切らずじっくり攻めてみて欲しいです!

こんな感じで私のポイント紹介はおしまいです!!

当然、今回紹介したポイント以外にも夏っぽい場所はいっぱいあります!

夏っぽいポイントをいっぱい見つけて釣りをしてみてください!

ポイントも重要ですがシェードとカレントへの意識忘れないでください

夏はとにかくセオリー通りです!

セオリー通りに動くことが釣果への近道だと私は思っています!

www.kasuminosora.com

では水分をとりこまめな休憩をしてお互い釣りを楽しみましょう!

今回も最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ご質問、ご意見、釣り同行依頼等はお問い合わせよりご連絡お願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す