3月のバス釣りは精神的ダメージに注意!!3月のブラックバスの行動は?

人間の期待値とバスの活性がもっとも噛み合わない月が3月だと私は思っています!

スポンサーリンク

・3月のバス釣り

12月から2月とバス釣りにとっては修行のような月日を耐えてやっと3月。3月にもなれば連日のようにブログやYouTubeなどで春のパターンと呼ばれるワカサギ、シラウオ、ボラ(ビッグベイト)パターンの釣果を見るようになります!

冬の間、釣れなくてツライ日々を過ごしてきたアングラーにとっては期待が膨らみます!

年間で最もアングラーの期待値の高い月は3月だと私は思っています!冬に釣れなかった鬱憤を晴らしたり、冬の間バス釣りお休みしている方なんかはその年の開幕戦になったりもしますよね!

そんなアングラーの期待を最高まで高めてくれる3月ですが実際のバスの行動は果たしてどうなの!?ってところが厄介なんです。

・3月のブラックバスの行動

2月中旬くらいから三寒四温で暖かい日も多くなり、ワカサギパターンなんかでの釣果をよく聞くようになります。

しかし水温は日中のピーク時にやっと10℃を超えるくらい。平均したら8〜10℃台くらいの日が3月の下旬まで続きます。

バスが本格的なスポーニング時期に入るのは水温が14℃を超えたあたりと言われてます。この水温は3月下旬から4月上旬あたりで超えてくるので3月上旬から中旬は実際のところまだまだバスの行動力は高くない時期なのです。

春のバスの行動としては2月中旬から動き出しの早い大型のメスが最初に行動を始めて、3月の下旬くらいで小さい個体やオスが動き出すといった感じです。

よって3月上旬から中旬までは動き出しの早かった大型のメスを狙う展開になります。しかしながら大型のメスバスは何年も生きている歴戦の覇者です!そう簡単にはルアーに反応せずなかなか釣るのが難しい個体です。主にこれを狙う釣りがワカサギパターンと呼ばれるビッグミノーパターンですね!

難しいからこそシャロードリームなんて呼ばれるわけです。

現実的に簡単に釣れる個体がたくさん動き出すのはまだほんの少し先というのが3月なのです!

これがアングラーの期待値とバスの活性が乖離している所以です。

スポンサーリンク

・3月の精神的ダメージに注意

ここまでの人間の期待値とバスの活性の話でおわかりだと思いますが、私のような月1アングラーは3月のバス釣りに並々ならぬ期待を持って望むわけです!

あわよくば3月の上旬からビッグベイトとミノーでドカンとぶち上げてやろうと考えてポイントにエントリーするわけです!

でも実際は

なーにも起こらないことのほうが多いのです!

水の中はどちらかというと。人間の気持ちは

夢のままのシャロードリーム

コレが3月です!

過度な期待でシーズン開幕から精神的だダメージを負わないように3月は案外釣れないと思っておきましょう!!

スポンサーリンク

・まとめ

自分への戒めも兼ねてこの記事を書いてみました!

もう少しで3月です。緊急事態宣言も解除されそうな見通しなので開幕戦を予定している方も多いのではないでしょうか!?

3月上旬は冬です!コレを忘れずに釣り場に向かいましょう!

あと1ヶ月もすれば3月下旬です!そこまでくれば春本番!我慢はあと少しですね!

去年の私の開幕フィッシュはスライドスイマーでした!今年もそんな開幕になるといいなと思いつつ終わりたいと思います。

では最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
       スポンサーリンク
     メガバス オンライン商品
霞の空LINEオープンチャットもよろしくお願いします!画像をクリックもしくはLINEアプリ内で『霞の空』と検索お願いします。

コメントを残す