デプス『スウィートキラー』霞SPチューン!!オリジナルリップレスチューニングを紹介します!ドッグウォークとS字が強化されます!

今回は先日の釣行で活躍してくれたスウィートキラー霞SPチューンの詳細記事です。

関東でスウィートキラーを使用している方はブラストボーンと同じような大きなテーブルターンドッグウォークを期待していた方が多いと思うのですがスウィートキラーはキレが良い小刻みなドッグウォークに仕上がっています。

これはこれで素晴らしい動きなのですが霞ヶ浦水系で使うにはもう少しアピール力と喰わせる間があってもいいかなってことでチューニングで好みの動きに変えてしまいましょう!

スポンサーリンク

・チューニング概要

今回、施すチューニングは2つS字チューンウェイトチューンです。

過去のジョイクロやサイレントキラーなどのチューニングとは違い、どちらもボディを直接加工するものではないので安心して実施してください。

・S字チューン

まずはS字チューンです!過去にジョイクロやサイレントキラーのチューニングで連結部の可動領域を広げるとS字幅をいじれるという説明をしたことがあります。

しかし今回のスウィートキラーは画像のようにそもそも可動領域が制限されていません

ストッパーなどは無くボディに当たるまで可動します。なのでS字チューンを施す必要が無いのです!

では何をするのかというとリップを外します

終わり!!!

ふざけてんのかと言われそうですが、ホントに動きが変わるのでやってみてください!

これだけで激変します。

ロッドをチョンチョンしてあげるとキレの良いクイックな小刻みアクションだったのがボディをくねらせる大きなテーブルターン的なドッグウォークアクションに変わります。後ほど動画を貼っておきます。

さらにロッドアクションを加えずにリールを半回転巻いて止めてを繰り返すデジ巻きではS字アクションも出せます!

スウィートキラーのリップは最初から装着されているわけではないので付けた後からでも簡単に脱着できます。サイレントキラーリップレスチューンのようにリップやルアーを壊すリスクを払う必要はないのです!もし外した状態のアクションが気に入らなければすぐに付ければいいだけです!

スポンサーリンク

・ウェイトチューン

次はウェイトチューンです。上記のS字チューンだけでも違うルアーになったくらい動きが激変しますがさらにテーブルターンドッグウォークをやりやすく、そして動きのキレが良くなるようにウェイトチューンを施します。

スウィートキラーは前方重心で前のめりでアクションします。リップレスチューンしてS字ルアーになってもこのアクションは変わりません。

このダイブ気味なアクションはそのまま利用します。理由としてはダイブ気味なアクション姿勢だと移動距離が自動的に抑えられるからです。

ではウェイトチューンの詳細です。

板ウェイト(0.5ミリ)を1センチの正方形くらいにカットしたものを3枚用意します。

2枚をフロントフックの前後に貼り付け

もう1枚はリヤフック前方に貼り付けます

これで大丈夫です。浮力としてはスローフローティングになります。ゆっくりアクションさせているとテールで水面に波紋を出すくらいがちょうどいいですね!

連続でアクションさせていると少しレンジが下がり水面直下でアクションする感じになります!

文章で説明してもわかりにくいので上記二点チューニング済みのスウィートキラーのアクション動画を載せておきましょう。ひとりでロッドワーク、撮影を行なっているためリールワークができず動きにキレがないですが実際にロッド、リールの両方の操作が入ればもっとキレッキレでキビキビとしたテーブルターンドッグウォークをします。

どうでしょう!?

スウィートキラーを持っていてすでにアクションを見ている方なら変化にはすぐに気づくと思います!

ウェイトチューンの位置でアクションをもう少しいじれるのでいろいろ試したみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに後方にウェイトを集中させるとダイブ気味な姿勢が水平になりドッグウォークが小さくなりデジ巻きでもS字幅も小さくなります。アピール力がすこし弱くなるイメージです。

逆に頭にウェイトを集中させるとダイブが強くなりアクションを入れるとどんどん潜っていく動きになります。これが効く場面も多そうですがすこし扱いづらくなります。

まぁこの辺は自分の好みでどうぞ!!

私の好みもありますが霞ヶ浦水系ではテールで少し波紋を残せるくらいのアピール力が絶妙だと思います!

スポンサーリンク

・まとめ

近所の川で動きを研究していて霞ヶ浦でより簡単に釣るにはチューニングが必要だなと感じて霞ヶ浦デビューさせる前からちょいちょいチューニングしてました。結果的ににデビュー戦で釣ることができたので正解だったと思っています。

今回は動画も載せて説明してみました!できれば2人で撮りたかったのですが1人撮影のため、チューニング後の本来の動きが出せなくて悔しいですが明らかに動きが変わっているのはわかってもらえたと思います。

霞ヶ浦水系ではスウィートキラー本来のタイトウォブリングでのタダ巻きよりもテーブルターン的なドッグウォークの方がバイトが多いと思うのでS字チューニングは有効なチューンになると思います。

カラーも相まって弱ったベイトにしか見えません!これでボラ喰いのバスは騙せます!

すぐに元に戻せるので騙されたと思ってやってみてください!!

まぁほぼ純正で使っているビッグベイトはないのでチューニング好きなだけという噂もありますが…。

チューニングに夢中になりすぎてリップを無くしたのはここだけの話です。

今回は書きませんでしたがテールが横向きなのがS字アクションを邪魔するので縦のテールにするチューニングも実施してみました。それは別の機会で書くとしましょう。

では最後までお付き合いいただきありがとうございます!

ご質問、ご意見、釣り同行依頼等はお問い合わせよりご連絡お願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
       スポンサーリンク
     メガバス オンライン商品
霞の空LINEオープンチャットもよろしくお願いします!画像をクリックもしくはLINEアプリ内で『霞の空』と検索お願いします。

コメントを残す