バス釣りでフロッグを使うときのタックルについて。『おすすめロッド&リール』

今回は私が使っているフロッグのタックルを紹介したいと思います!

梅雨になり『バス釣り フロッグ』や『霞ヶ浦 フロッグ』といった検索で私のブログにたどり着き読んでいただいている方が多くなってきました。

『フロッグ タックル』という検索でこのブログを読んでいる方もかなり多いのですがタックルについては詳しく書いていなかったため、お問い合わせがありました。せっかくの機会なので私のフロッグタックルを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

・フロッグタックルに必要な条件

私がフロッグのタックルに求める条件は3つです。

条件
  • キャスト性能
  • 操作性
  • フッキング力

この3つです。

キャスト性能はフロッグに限らず、どんなルアーを使用する時も必要な要素ですね!いいところに狙って投げられなければなかなかバイトをもらえないですから。

フロッグをしっかりと動かせるかどうかの操作性も非常に重要な要素になってくると思っています。PEラインを使ったフロッグのドッグウォークは少し難しいのでしっかりと操作できるタックルセッティングが大切です。

フッキングがしっかり決まるかどうかはもっとも大切です!バイトをもらってもフッキングが決まらなければ魚を釣り上げることはできないのでフックを貫通させることのできるパワーも必要です。とくにフックが隠れていて根掛かり回避力が高いフロッグはフッキングが決まらないルアーの代名詞みたいなもんなのでフッキング力は非常に大事な要素です!

私が重要だと思っている条件はこんなもんです

どれも当たり前の条件ですね!しかし意外と難しい条件でもあると考えています。

ロッドを柔らかくすればキャスタビリティーと操作性上がるけどフッキング力下がる。

リールを剛性の高いものにすればフッキング力上がるけどキャスト性能下がる

ラインをPEにするとフッキング操作性上がるけどキャスト性能下がる

というように全てを満たすことはできないので妥協点を見つけてタックルバランスを考える必要があると思います!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

・私のフロッグタックル

前置きが長くなりましたが私のタックルを紹介したいと思います!

・ロッド ダイワ スティーズシリーズ 『ハスラー』

旧ハスラーです。エクストラファーストテーパーでロッドティップがしっかりと曲がることによりキャスト性能と操作性が高く、力強いベリーによりしっかりとフッキングも決まります。

いろいろなロッドをフロッグで使ってきましたが一番気持ちよくフロッグを扱えたのでこのロッドに落ち着きました!

 

・リール シマノ 『13メタニウム』

リールは13メタニウムのエクストラハイギアを使っています。13メタニウムは剛性がなかなか高い上に自重も軽く非常に扱いやすいリールです。ルアーの回収スピードを考えてエクストラハイギアを使っていますがギア比については正直なところなんでもいいと思います!

メインは13メタニウムですが最近はスピンガヴァチョやチキータフロッグのような超小型フロッグが多くなってきて13メタニウムで扱うには若干ですが不便なウェイトのフロッグも多くなってきました。そこで今年は16メタニウムMGLをお試しでフロッグリールにしてみました!

小型フロッグは16メタニウムMGLの方が扱いやすいです!

 

・ライン 『PEライン46lb』

ラインはPEラインの一択です!

それ以外のラインを使おうと思ったことはありません!フロッグを扱う上でPEラインはマストアイテムだと思います!

PEラインでないと操作性とフッキング力が極端に悪くなります!

ラインの太さは46lbです。以前は60lbをメインで使っていましたが小型フロッグが多くなってきたことと46lbの強度で根掛かり回収やフッキングにおいてなんら問題がなかったのでキャスト性能を上げるためにも少しだけ細い46lbに落ち着きました!

これが現在の私のフロッグタックルです!

こんな具合でキャスト性能、操作性、フッキング力のバランスを考えてタックルを組んでいます!

・まとめ

お問い合わせのあったフロッグタックルについて書いてみました!

過去にはロッドをダイワブラックレーベルのフロッグ専用ロッドやガチガチのエクストラヘビーロッドを使ってみたり、リールもカルコン200やメタニウムXTなどにしてみたりいろいろなタックルを組んで試行錯誤していました。

その結果、現在のタックルに落ち着きました!

スピンガヴァチョやチキータフロッグなどはスピニングタックルでも扱うことができますが私はスピニングタックルでフロッグを使うのはおすすめしません!スピニングタックルだとフッキング力が弱くバラしが多くなってしまうと思います。

今年からフロッグを初めてみようかなという方はMHクラスのベイトロッドそれなりの剛性のベイトリール46lbくらいのPEラインという組み合わせで始めてみてください!

それらのタックルなら失敗はないと思います!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ご質問、ご意見、釣り同行依頼等はお問い合わせよりご連絡お願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す