『霞ヶ浦水系』梅雨におすすめのポイント!梅雨のポイントをいくつか紹介します!『6月のポイント』

さぁいよいよ梅雨入りしましたね!

これから梅雨の間の釣行予定を決める方も多いのではないでしょうか?

梅雨に釣りに行かれる方のお役に立てればいいなと思い、私が選ぶおすすめポイントを紹介したいと思います。

f:id:yu-_ta:20190608201701j:image

こんな私が選ぶポイントなので話半分に聞いといてもらえればいいかと!

スポンサーリンク

おすすめポイント5選

西の洲エリア

すごく有名なエリアですね!

このエリアはどの河川もストラクチャーが豊富でトップウォーターゲームやアシなどのストラクチャー撃ちなどを展開していくには最高なポイントだと思います!

ですが有名なポイントで雰囲気も最高。そんな場所のプレッシャーが低いわけがありません。

超ハイプレッシャーエリアになります!

だからこそ梅雨におすすめしたいのです!

梅雨なら雨とローライトのおかげで少しだけプレッシャーが下がります。

このエリアのバスのストック量はかなり多いと思うのでプレッシャーが下がれば釣れる可能性が高いエリアになります!

北浦の東岸

北浦の東岸を走っていればいくつか小さい水路や河川があります。

このエリアも非常に有名で北浦と水路や河川の合流点にはほぼ釣り人がいる状態です。

釣り人が集まるのは理由があるからです!

合流点はエサ待ちのやる気があるバスが多いので釣れる可能性が高くなります。

それを狙っていきましょう!

八筋川

与田裏と横利根川を結ぶ川です!

あの辺を通ったことのある人なら名前は知らなくても見たことがあると思います!

八筋川から枝分かれした水路なんかもあり梅雨時にはいかにもなポイントになります!

小規模河川なのででなければ移動を繰り返して手返しよく探っていくのがおすすめです!

この川では私はワームで粘るよりもファーストムービング系のルアーで探っていく釣りのほうが効率がいい気がします!

八間川

八筋川と似たような名前ですね!

利根川と並行して流れている千葉県にある川です!

こちらも水路や水門、アシなどのストラクチャーが豊富で雰囲気はありありです。

ただしプレッシャーも相当なものです。

足元が斜め護岸になっている場所があるので私は斜め護岸のシャローにさしてきたバスをトップで狙っていくことが多いです。

というよりはその斜め護岸が根掛かり多発エリアなのでロストが恐ろしいのでトップしか投げられないビビりということが最大の理由です!

千葉県側にあるので東京に帰らなければいけない私には帰りの方向になります!

夕まずめに寄ってそのまま帰ることできる利便性の高い河川です。

その日の釣行に満足できなかった時などに帰りに少しだけの寄ってドラマを期待したりします!

利便性よりも釣果を考えろっと言われそうですが妻子持ちの身の上、帰りの時間も気にしなくてならないのです。泣

北利根川

また北利根川かよっと思わないでください!!

地図では常陸利根川の表記になっています。

この川は本当に万能河川です。

超有名な牛堀テトラや流入河川の合流点。

アシに杭、水門もあります。

本当になんでもあります

だからなんでもできます。

チョコレート護岸をスピーディに探るもよし、アシまわりでネチるのもよし、水門巡りもよし!

思いついた釣りをしてください!

いろんな釣りをすれば正解を見つけられるかもしれません!

広大な河川なので他のエリアよりはプレッシャーは低いのではと思います!

まぁ低いといっても霞ヶ浦水系なので釣りやすくはないですが。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

まとめ

いくつか簡単にポイントを紹介しました!

まぁどれも有名で目新しいポイントもないしピンポイントで紹介しているわけではないので期待外れだっと感じたかもしれません。

ポイント紹介は1番役に立つ情報だとわかってはいるのですがそのポイントを大事にされている方がいるのも事実なのでピンポイントを教えるのは控えたいと考えています。

けっ、けして自分のポイントを教えたくないわけではありませんからね。汗

皆様の大事なポイントを晒したくはないのでこれからもポイント紹介記事ではピンポイントを記事にするつもりはありませんのでご安心ください。

まぁ晒すというほどの閲覧数でもないですが!笑

期待外れな記事だとがっかりされた方もおられると思うので最後に私のとっておきのポイントを紹介します。

それは冠水ブッシュです!

ポイントではないですね!笑

梅雨になり雨が多くなると増水傾向になるタイミングがあります。

その時にいつもは陸上だったり水深が激浅で魚が入ってこれないようなアシやブッシュが増水でそれなりの水深まで冠水します。

バスたちはこの普段は近寄れないストラクチャーにベイトが豊富なことを知っています。

こういった場所にさしてくるバスたちはエサを探しているやる気のある個体です!

ここをピンポイントで攻めることで何度もいい思いをさせてもらいました!

普段からしっかりとまわりをみて増水時に冠水しそうなブッシュやアシを見つけておくことが大切です!

増水した後だと普段から水の中にあるストラクチャーなのか増水で冠水したのか区別できないので普段の状態を覚えて置くことが大事です。

どこにでもあるものだけに一日中、誰にも撃たれていないような場所もあるかもしれません。

そんな場所を見つけられたら最高ですね!

今年の梅雨は自分だけの特別なポイントを見つけてみてください!

最後までお付き合いいただきありがとうございました!

ご質問、ご意見、釣り同行依頼等はお問い合わせよりご連絡お願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す