霞の空 ゆーたのバス釣り釣行記

東京在住の二児の父をしているゆーたと申します!霞水系の釣果や釣りに関することを書いていければいいなと思っています。子供が小さくあまり釣りには行けませんがバスが釣れた時の感動を伝えていければなと思います!車も好きなので車についても書いていきます!

秋のバス釣りを考えよう!本当に秋は巻物なのか!?

今日は秋の釣りについて考えてみようと思います!

 

台風が去り暑い日が続いていますが少しづつ秋らしい気候になってきました!

そろそろ水の中もになってくるのではないでしょうか!?

 

私は9月は釣りに行けないことがほぼ決定しているので実際には今年の秋のバス釣りは10月に行くことになると思います!

 

10月の釣りに備えてしっかりと考えたいと思います!

 

f:id:yu-_ta:20190514132113j:plain

 

 

 

 

秋のバス釣り

 

秋のバス釣りと言えば巻物ですよね!

 

f:id:yu-_ta:20190605214909j:plain

しかし実際に巻物をメインで行動パターンを組み立てても思いのほか釣れないということが多々あります!

 

私も秋になると巻物をメインにして釣り歩きますが釣れずにボウズになんて日が過去に何度もありました!

 

そもそも秋は巻物と言われる理由はなんなんでしょうか!?

私が思う秋は巻物という理由は秋は水温がバスにとって動きやすい温度になりに向けてエサを求め、活発に動き回っているので広範囲に散ったやる気のあるバスを巻物でテンポよく釣ろうってことだと思っています!

 

でも実際はテンポよく巻いていてもやる気のあるバスにはなかなか出会えない気がします。

やる気がある個体がポンポンと連発することもあるんですが再現性がないんですよね!

 

なんでそこで連発したかわからないことが多いんです!

理由がわかればそれと同条件の場所を探して再現させていこうと思うのですがなんてことのないポイントで連発したりするから理由がわからないのでまたひたすら巻くということになり効率が悪くなりがちです!

 

では巻物勝負はダメなのか!?

そんなことはないと思います!

秋の広範囲に散り、居場所がわかりづらいバスたちを釣るのには巻物は最適です!

 

ならどうしたらいいのかって話なんですが私がここ数年、実際に秋に実践している釣り方は巻物だけに頼らずしっかりと撃つ釣りも投入する行動パターンです!

当たり前っちゃ当たり前のことですが。

 

しょっちゅう釣りに行っていたときは数日前までの釣れ方や季節感などからその時、魚のストック量が多そうなポイントがすぐに何箇所か頭の中に浮かんでいたのですが最近は釣りに行ける回数が減り、魚がいそうなポイントがすぐには思い浮かびません

この状態で巻物を巻きまくっても釣れず釣れたとしても交通事故的に釣れるだけで再現させるのは難しいという状況になってしまいます!

 

そこで春、夏同様にしっかりと撃つ釣りも行なって活発に動いている魚だけでなく動きの鈍い魚も釣って行くという方法をとります!

 

秋は動きの鈍い魚=やる気のない魚となることが多く口を使わせるのは難しいですが居場所特定は比較的簡単なのではないかと考えています!

 

実際は文書で書くほど簡単ではないのでボウズになっているんですが。

 

まぁ下手くそな文章でなにが言いたいのかと言うと

秋は巻物と言われているけど巻物オンリー勝負危険ですってことです!

 

魚がたまりそうな条件のところでは巻物で勝負しそれ以外の居場所がわからないときは撃つ釣りも展開していきましょうって感じです!

 

秋によく使うルアー

 

具体的にはどんな釣りをしているのかってことで私が例年9月から11月末までよく使うルアーを紹介したいと思います!

 

OSP バズベイト  02ビート

 

フィーディングタイムに水面までベイトを追い込んだと思ってよくバイトしてきます!

リアクションでも喰ってくるので効率もいいです!

あまりのらないのがデメリットではありますが。

f:id:yu-_ta:20190514201945j:plain

 

特に北利根川の斜め護岸や利根川のテトラを攻めるのが好きです!

 

ノリーズ  クリスタルS

スピナベの定番ですね!

去年の秋はクリスタルSとエバーグリーンのDゾーンを投げまくっていました!

 

ボトムアップ  ビーブル

今年は上記のスピナベに加えてビーブルも多用してみようと考えています!

秋に釣果をたくさんあげてくれたら来年以降も一軍決定です!

 

秋の巻物=スピナベってくらいスピナベは秋に活躍してくれています!

アピール力の高さでエサを追っているバスに気づいてもらいやすいと考えています!

 

 

ラッキークラフト  ベビーシャッド

私は1年中シャッドを投げるんですがベビーシャッド50SP(サスペンド)が一番好きなシャッドです!

f:id:yu-_ta:20190917131908j:image

シャッドはアピール力が弱いですが食わせ力は高いので居場所が特定できているときに投げるとかなり有効です!

 

 

ゲーリーヤマモト カットテール

これも年がら年中使ってますが秋も有効です!

f:id:yu-_ta:20190514201903j:plain

アシ際など巻物では根掛かりが不安なところに撃ちます!

 

ケイテック スイングインパクト

大好きスイングインパクトです!

秋はベイトを意識して小魚カラーのダウンシャッドで使います!

護岸際などで弱った小魚を演出して使うことが多いです!

基本は巻物で歩いた後、帰りはスイングインパクトのダウンショットをテクトロで戻ることが多いです!

 

スモラバ

 

自作スモラバです!

f:id:yu-_ta:20190514202009j:plain

f:id:yu-_ta:20190516223805j:plain

トレーラーはその時の気分でいろいろ使っています!カラーですが私の中で秋はパンプキン系カラーがよく効くので写真のカラーをよく使います!

中層でサスペンドしているバスを狙うときに使用してます!

 

 

ほかにもいろいろ使いますがあげてたらキリがないのでこの辺でやめようと思います!

 

毎年、秋はスイングインパクトを多用しているので今年は使用回数を減らしてジャッカルのシザーコームをメインで使ってみようかななんて考えてもいます!

 

あぁ早く釣りに行きたい。

 

まとめ

f:id:yu-_ta:20190514203118j:plain

 

こんな感じで秋のバス釣りについて考えてみました!

まだ今年の秋の釣りを体感していないので机上の空論ではありますが考えてみました!

考えるというより自分が毎年やっていることを書いているだけなんですが

 

雑誌やバス釣り入門書などには秋は巻物で勝負と書いてあることが多いですが霞ヶ浦水系にその考えだけで挑むと痛い目にあうので役に立つかはわかりませんが私が秋によく使うルアーと使い方を書いてみました!

 

 

巻物に固執せず撃つ釣りにも重きを置いてみてください!

 

私は秋も得意な季節ではないので信用するかしないかはあなた次第です!!

いったいいつが得意なんだって話ですね

 

最後までお付き合いいただきありがとうございます!