霞の空 ゆーたのバス釣り釣行記

東京在住の二児の父をしているゆーたと申します!霞水系の釣果や釣りに関することを書いていければいいなと思っています。子供が小さくあまり釣りには行けませんがバスが釣れた時の感動を伝えていければなと思います!車も好きなので車についても書いていきます!

『プラド後期』トヨタ純正LEDフォグランプを格安で社外LEDフォグランプに交換する方法。『DIY』

今回はトヨタ現行ランドクルーザープラド後期モデルの純正LEDフォグランプを社外LEDフォグに交換したので交換部品と手順を記事にし記録したいと思います。

f:id:yu-_ta:20200203182933j:image

 

クルマをすこし改造した事がある方ならバルブを入れ替えれば終わりじゃんとお思いになると思いますが現在のトヨタ車の純正LEDフォグランプはレンズが画像のような形状でバルブを入れ替えることができません!

f:id:yu-_ta:20200203103616j:image

f:id:yu-_ta:20200203103623j:image

そのため手間とお金がかかってしまうのです。

 

私のブログでも過去にプラドのバルブ交換の記事をいくつか載せたことがあるので『プラド 後期 フォグ』、『プラド 後期 純正フォグ 交換』などプラド後期モデルでのフォグランプ交換の検索から当ブログにたどり着き記事を読んでくださっている方が意外に多いのです。

 

 

www.kasuminosora.com

 

 

www.kasuminosora.com

 

しかしフォグランプを交換していないのであまり役に立つ記事がなく申し訳ありませんでした!

もともとフォグはイエローが好きなのでフォグをイエローLED化するついでに記事にもしてしまおうということでこの記事を書いています!

 

 

 

 

トヨタ純正LEDフォグランプについて

 

上記の通り現行プラドの後期は純正LEDフォグランプです。

これはプラドだけでなく私の前の愛車の60系ハリアーもそうでしたし最近のトヨタ車の多くが純正LEDフォグランプを採用しています。

 

そのためトヨタ純正LEDフォグランプを交換するためにはバルブ交換だけでなく同時にレンズの交換も必要になります。

当然ですがネットショッピングが当たり前になった今、『車名+フォグランプ』と検索すれば交換レンズとLEDバルブがセットになった商品を簡単に購入することができます!

 

後期型プラドもセット品が発売されています。

こういったセット品を購入して取り付けるのが1番安心ではあります!

取り付け不能ということも当然ありえません!

 

しかし値段がネックになり購入を諦めている方が多いのも事実なので私はあえて格安で取り付ける方法で取り付けます!

格安で取り付けると『安物買いの銭失い』になる可能性も充分考えられますが格安で取り付ける方法を記事にすることで値段で踏み出せない方の味方になれればと思い安く取り付ける方法をお教えします!

 

もちろん取り付けは自己責任でお願いいたします。

 

用意するもの

 

・LEDバルブ

・バルブ交換対応型フォグランプレンズ

 

LEDバルブはネットショップなり自動車パーツの量販店なりでいくらでも買えます。値段はピンキリです。

合法の範囲で好きな色のバルブを購入してください

バルブの規格はH11がおすすめです!

レンズがH11対応のものが安くて多いからです!

 

今回は格安が目的なので私は1980円のイエローLEDバルブを選びました!

f:id:yu-_ta:20200203104237j:image

 

問題はフォグランプレンズになると思います!

互換性の問題や耐久性などの関係でそれなりの知識がなければレンズを自分で選んでくるのは難しいところだと思います。

でも安心してください!最近のトヨタ車は品番は違えどほぼ同じ位置にビスを取り付けるフォグランプレンズを採用しています!

 

プラドのフォグランプレンズですが私は30系プリウス用の社外レンズを購入して取り付けました!

 

互換性はかなり高いのですこし調べればすぐに汎用できるものが見つかると思います。

 

レンズの互換性がかなり高いということはバルブ交換対応型の違う車種や同一車種のハロゲングレードの純正レンズを安く見つけてくればいいのではと思う方も多いと思います!

 

しかしここで問題になってくるのが耐久性です

最近のトヨタ車のフォグランプはLEDかH16のハロゲンバルブになっています。

よってバルブ交換対応型の純正レンズはH16ハロゲンバルブを取り付けることを前提としたレンズ強度やサイズになっています。

その純正レンズに大型のLEDバルブやHIDなど高温になるタイプのバルブを取り付けると取り付け不能レンズ焼けや黄ばみが発生することがあります!

 

よって純正フォグランプレンズの購入はおすすめしません!そもそも純正フォグランプレンズは高いですし!

 

そこでおすすめしたいのがガラスレンズを採用した社外フォグランプレンズです!

純正の強化プラスチックとは違い耐久性がかなり高いです!そのうえ安い!

ここでいう耐久性とはガラスレンズの耐久性のことで水入りなどのトラブルに関しては純正のほうが信頼できます。そこが悩ましいところでもあります。

 

バルブのところでも記載しましたがレンズの規格とバルブの規格を間違えないように同一規格のものを購入してください。

バルブをH11にしたらレンズもH11規格用にしてください!

 

ネットショップでも購入できます!

こんな感じのものを購入してもらえれば大丈夫です!

しかし今回は格安交換が目的なので私は某大手オークションサイトで1700円で販売されていた新品ガラスレンズフォグランプを購入しました!

f:id:yu-_ta:20200202230959j:image

 

そんな破格なレンズだけにバルブ取り付け用の穴がニッパーで切りましたみたいな加工になってます!笑

f:id:yu-_ta:20200202230925j:image

大丈夫なのか。これ!?

さらに反射板のカットデザインも怪しいですね。

 

レンズ内への水入りが怖いから取り付けの時はシーリングしたほうがいいかもしれませんね!

 

さぁこれで用意は終わりです!

バルブとレンズ合わせて3680円です!!

送料を入れても5000円かかっていません!

 

ここまでが車種関係なく純正LEDフォグが付いているトヨタ車に必要な部品でした!

 

安くしようと思えばここまで安くできるのです!バルブ次第でさらに安くすることも可能です!

耐久性はわかりません!!

 

耐久性の実験も兼ねた交換なので耐久性は私が身をもって体験します!

いつか耐久性についての記事は書きたいと思っています!

できれば1年は頑張ってもらいたいですね!

 

耐久性や互換性で失敗したくないという方はセット品で交換するのがおすすめです!

 

現行プラド後期型フォグランプ交換

 

長々と説明してきましたが本題であるプラドのフォグランプ交換方法です!

 

交換方法が本題と言っちゃぁ本題なんですがトヨタ純正LEDフォグランプは交換方法よりも上記の交換部品を選ぶことの方がよっぽど難しいので交換方法はおまけみたいなものです!

 

自分でフォグランプを交換しようと思いこの記事にたどり着いた方なら簡単に交換できるはずです!

 

作業前準備

 

安物なのでバルブ取り付け部とレンズ部分をシーリングしておきます。

 

シーリングの方法はバルブ側のパッキンにシーリング剤を盛ります。

f:id:yu-_ta:20200202214817j:image

こんな感じですね!

そして乾く前にすぐにレンズに取り付けます。

そうすることでパッキンとレンズの隙間をシーリング剤が埋めてくれます。

レンズ側はレンズとプラスチックの接合部にシーリング剤を盛ります。

f:id:yu-_ta:20200202215005j:image

この部分にシーリング剤を盛っていきます。

f:id:yu-_ta:20200202215025j:image

こんな感じです。

 

バルブと違い圧着できるわけではなく上から盛っているだけなのでシーリング効果はバルブ取り付け部よりも弱いですが最初の状態よりはだいぶマシになると思われます!

見た目はかなり悪く見えますが外周面はレンズを車両に取り付けたらまったく見えなくなるのでガッツリ盛ってやってください!

 

ちなみにシーリング剤はホームセンターなどで売っています。私は自動車エンジン用の液体シールパッキンを持っているのでそれを使いました!

エンジン用なので当然、熱にも強いので安心です!

なんでそんなものを持っているかというとバス釣りルアーのフロッグをシーリングするために購入しました!いろんなところで使えます!

 

シールが乾くまでにそれなりの時間がかかるので最低でも前日の夜にシーリングして一晩は乾かしおきたいです。

よって事前に準備しておいた方が良いです。

 

レンズ交換

 

まずは助手席側のほうが簡単なので助手席側から作業します!

 

ハンドルを右に全開に切ってフェンダーライナーをめくります。ボルトを外せばめくることができます。

f:id:yu-_ta:20200203104924j:image

下のビスも外しておくとめくりやすいです。

このボルト2本ですね!

f:id:yu-_ta:20200203104952j:image

こんな感じでめくれます。

f:id:yu-_ta:20200203105030j:image

 

隙間から覗きながら純正フォグランプレンズを止めているビスを2本外してレンズを取り外します。

f:id:yu-_ta:20200203105334j:image

赤丸の2本だけで大丈夫です!内側にはビスはなく爪が引っかかっているだけです!

 

これでレンズを取ることができたのであとは準備しておいた社外レンズに交換するだけです。

f:id:yu-_ta:20200203105420j:image

 

事前に準備しておいたバルブ付きの社外レンズを取り付け、ビス留めします。

f:id:yu-_ta:20200203105433j:image

コネクタをいれたら交換OKです。

 

あとはフェンダーライナーを戻せば終了です!

 

左だけ変えた状態の点灯状態です!

f:id:yu-_ta:20200203105858p:image

昼間なので黄色になったのはわかりますが光度はよくわかりませんね!

 

次は運転席側を交換します。

運転席側も左と同様の手順ですが運転席側の純正フォグランプレンズには画像のようにレンズをガードするカバーが付いています。

f:id:yu-_ta:20200203105920j:image

これがなかなかやっかいものです。

 

ツメの位置を把握してツメを押して取る感じですね!

f:id:yu-_ta:20200203110133j:image

ツメの位置は画像の矢印のところにあります。右側と上部は簡単に押すことができますが左奥は見えないのなかなかやっかいです。

私は左奥のツメは残したままカバーを横に避けて交換しました。

f:id:yu-_ta:20200203110318j:image

これでフォグレンズが見えるので交換するだけなら充分なスペースです。

 

後の手順は左と同じです!

 

左右交換終了!

作業時間は30分かかってないくらいですね!

 

左右のフォグランプの交換が終わったので点灯確認してみました!

f:id:yu-_ta:20200203110428p:image

これで作業終了です!

 

まとめ

 

とにかく安くを第一にプラドの純正LEDフォグランプを社外LEDイエローバルブに交換してみました!

 

1980円のバルブですが色味は問題ないです!

ちなみに色味はしっかりとした黄色です!

雪国などで使うならこれくらいしっかりした黄色の方が視認性がよくていいですよね!

 

しかし私はどちらかというと黄緑色くらいが好きなのでちょっと黄色が濃いかなと感じました!

耐久性を見たいのですがバルブに関しては近いうちに好きな色に交換してしまうかもしれません!

 

光度に関してははっきり言って暗いです!

雪国での視認性の向上を目的にして購入するならおすすめしません!

下手したら純正よりも暗いかもしれません!

f:id:yu-_ta:20200203183026p:image

f:id:yu-_ta:20200203214818p:image

私は視認性の向上が目的ではなくあくまでデザイン目的なので問題ありません!

白いクルマにイエローフォグが昔から好きなのです!ずっとフォグはイエロー系に交換してきました!

 

そんなに眩しくはないですが対向車に迷惑をかけないように光軸は調整しておきました!

 

見た目的にはまぁいいんじゃないでしょうか!?

 

あとは耐久性の問題だけですね。

これで耐久性もよければ問題ないのですが正直な話そんなに長くはもたないと予想しています!

 

LEDもチラつきや一部不灯なんかの不具合が出ると思います。

レンズの方もシーリングしたとはいえレンズ内への水入りは避けられないと予想しています!

 

そんな予想をしているのならやめとけばいいじゃないという話なんですがどうせやるなら極端なことをしたいなとつい思ってしまい行動してしまいました!

まぁこれで長期間持てばラッキーですし、早く不具合が出てしまったとしても諦めがつく金額なのでいいのではないでしょうか!

 

今回は格安で部品を揃えてみましたがここまで極端に安くするのはおすすめしません!

記事にしといてなんですが。

 

おすすめとしてはLEDバルブを5000円前後の放熱タイプやドライバーがついている高光度LEDにして、レンズも7000円くらいのEマーク取得品がいいと思います!

 

 

そうすると部品代で12000円くらいいきますが耐久性という観点からはすこし安心できるかなと思います!

 

純正LEDフォグを交換するためにはセット品だけでなくこのように自分でバルブとレンズを選んで交換する方法があり安く済みますよという話でした!

 

バルブの色を選べるのはなかなかのメリットだと思います!

イエロー系でもオレンジよりのイエローやレモンイエロー、ライムイエロー、ライムグリーンといった感じでいろいろありますしホワイト系でも純白や、やや青みがあるカラーなどいろんなバルブがあるのでそれらを選ぶ楽しさはあると思います!

 

純正LEDフォグはバルブ交換できないからという理由やセット品のバルブは好きな色じゃないからなどであきらめていた方はこんな方法で交換してみてください!

 

ではこのへんで失礼します!

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

 

東京近郊であれば用品の取り付けも格安で承ります。

ご依頼はお問い合わせよりご連絡お願いいたします。