霞の空 ゆーたのバス釣り釣行記

東京在住の二児の父をしているゆーたと申します!霞水系の釣果や釣りに関することを書いていければいいなと思っています。子供が小さくあまり釣りには行けませんがバスが釣れた時の感動を伝えていければなと思います!

夏のデラクーによるリアクション釣法を公開する!

今回は先日の釣行で活躍してくれたジャッカルのデラクーについて記事にしたいと思います!

 

f:id:yu-_ta:20190806220200j:image

 

小さいボディですごい威力を持っているデラクーの力を少しでもお伝えできたらいいなと思います!

 

前回の釣行記録はこちらからどうぞ

 

www.kasuminosora.com

 

 

デラクー

f:id:yu-_ta:20190806220103j:image

ジャッカルから2014年に発売された小型のスピンテールルアーです!

小さいながら後方のブレードとボディ振動によりアピール力がありさらにそのボディサイズから食わせ力も高いという反則レベルのルアーです!

 

またボディ振動のおかけで手元にも適度な振動が伝わり操作性も高くなっています。

 

厳冬期リアクション狙いで使用している方が多いと思います。

しかしながら私はそのアピール力と食わせ力はハイシーズンにこそ威力を発揮すると考え、夏の水温上昇によるバスの低活性時に利用するのが1番効果的なのではと考えています!

 

夏のリアクションデラクー

 

f:id:yu-_ta:20190806220319j:image

偉そうにリアクションデラクーなんて書き方をしましたが季節を問わずデラクーで釣れる時はリアクションだと思います!

 

さっそく使い方ですがタダ巻きです!

使い方でもなんでもないですね!

 

でも本当にタダ巻きだけでいいのです

 

これでは使い方の説明になっていないのでもう少し詳しく書いてみようと思います!

 

私はデラクーを使用するときは3/8オンスしか使わないので3/8オンスでの使い方になります!

 

タダ巻きといっても巻いてくるスピードがどれくらいなのかレンジはどの深さなのかなど考える要素は意外に多いと思います!

 

私の使い方はベイトリールのハイギアモデルを使用してやや早巻きかなってくらいのスピードで巻いてきます!

 

ノーマルギアだと結構な早巻きになると思います!

 

感覚としてはボトムには触れないけどなにかストラクチャーがあれば当たるくらいのレンジです!

ボトムから10センチから20センチくらいのレンジを巻いてくるイメージです!

 

あまりにボトムに触れすぎるようだと巻くスピードが遅すぎます

巻くスピードが遅いとボトムにあるゴミやストラクチャーなどを拾いすぎて根掛かり多発でやってられない釣りになってしまいます!

 

かといって巻くスピードが早すぎてもなんにも無い中層をただデラクーが高速で移動するだけになってしまうのでボトムスレスレが狙い目です!

 

正しいと思われるレンジを巻いてこれているとたまに土嚢を拾ったりゴロタに挟まったりします!

これくらいがデラクーのベストレンジだと思っています!

 

デラクーのフックむき出しの状態ではこれくらいの根掛かりは許容範囲と考えてあえてそのレンジを狙っています!

 

ボトム付近にサスペンドしているやる気があまりないバスをリアクションで狙うのが私なりのデラクーの使い方です!

 

狙うポイント

 

f:id:yu-_ta:20190806220401j:image

リアクションデラクーで狙うポイントは水深1メートル前後の護岸際です!

 

少し沖のブレイクなんかを狙うのも非常に有効なんですがブレイク狙いはレンジコントロールが難し過ぎて根掛かりの嵐です!

沖の方で根掛かったデラクーを回収するのはほぼ不可能です!

 

護岸際を狙っている分にはゴロタに挟まった程度の根掛かりなら反対から引っ張ってあげればほぼ回収できますしダメでも足元なので根掛かり回収器で回収できることが多いです!

 

また夏なので護岸のシェードも狙えて効率もいいです!

なので私は護岸際でしか使いません!

 

アタリとフッキング

 

f:id:yu-_ta:20190806220435j:image

アタリは巻いているときにゴンときてそのあとすぐに生命反応があります!

 

アタリと根掛かりの感覚が似ていて根掛かりに鬼フッキングを決めてしまうことがあります!とくロープに引っかかったときは魚と勘違いします。

 

これをやってしまうと本来なら簡単に外せる根掛かりだったのにしっかりとフックが貫通してしまい回収困難な根掛かりになってしまいます!

 

アタリらしき感覚があったらほんの少し待って生命反応があるかどうかを感じてからフッキングするようにしています!

 

アタリから即フッキングでなくても早巻きをしているので食ってきたときにはすでに軽く巻き合わせが成功しているので生命反応を感じてからでも遅くありません

 

そして生命反応を感じたら強めにフッキングしてください!

リアクションデラクーは正直、バラシの多い釣りです!

フッキングが決まっていないとファイト中にフックが抜けます

 

なかなかの頻度でバラすのでバラしてもつぎがあるさくらいの余裕をもってやってください!

 

カラー選び

 

デラクーのカラー選びですがこれには関しては正直な話なんでもいいです!笑

私のお気に入りのデラクーは使い込んでいて塗装はかなりハゲていてカラーと呼べるような代物ではなくなっています!

 

これでも普通に釣れるのでカラー選びは自分が自信を持って投げられるカラーが1番です!

 

私のデラクーは3年くらい使っているものなのでこんなになってしまいました!

f:id:yu-_ta:20190806220640j:image

幾多の根掛かりを乗り越えていまだに私のもとにいる大切なデラクーです!

 

ちなみに最初はこんな色をしてました!

f:id:yu-_ta:20190806220841j:image

綺麗に緑色に光り輝いています!

 

先日の釣りでロープにフッキングしてしまい、いよいよ別れを覚悟しましたがフックを折って回収に成功しました!

 

護岸際を狙っているのが回収できている最大の理由ですね!

 

まとめ

 

簡単にですがリアクションデラクーについてまとめてみました!

デラクーをハイシーズンに使うのは卑怯だのセコいだのネットには書いてあることが多いです!

もしかしたら釣り場でもセコい釣りしてんなーと思われているかもしれません!

 

まぁたしかにセコ釣りです!

でもセコ釣りのなにが悪いのでしょうかという感じです

 

毎日、釣りに行ける環境にある人ならそんな釣りでキャッチする1匹なんていらないと言えるかもしれません!

しかし私のように月に1、2回しか釣りに行けないような人やそれこそ長期連休にしか釣りに行けないなんて人はセコ釣りでもいいから1匹でも釣りたいというのが本音ではないでしょうか!?

 

セコい、セコくないなんて人それぞれ価値観です!

 

そんなことを言い出したらスモラバや小さいワームをリグっている釣り方だってセコくないかってになってしまいます!

セコい釣りはナンセンスなんて言ってたらビックベイトしか投げられなくなっちゃいますよ!笑

 

釣り方にセコいもセコくないもありません!

 

そのときに釣れる釣り方を見つけたから釣れているわけでセコい釣りだから釣れるわけではありません!

 

釣れた魚の価値は自分で決めればいいのです!!

 

そんな感じで考えてまわりの目を気にすることなくデラクーを投げてみてください!

 

本当に釣れますよ

 

夏休みの切り札に用意しといて損はないルアーです!

 

では今日はこのへんで失礼しようと思います!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!