霞の空 ゆーたのバス釣り釣行記

東京在住の二児の父をしているゆーたと申します!霞水系の釣果や釣りに関することを書いていければいいなと思っています。子供が小さくあまり釣りには行けませんがバスが釣れた時の感動を伝えていければなと思います!車も好きなので車についても書いていきます!

『トヨタ』150系プラドに濃さ3%のカーフィルムを貼る。人気のフィルム濃さは7%と13%のフィルムです!

今回はランドクルーザープラドの窓ガラスにカーフィルムを貼ったのでどんな感じになったか紹介したいと思います!

 

f:id:yu-_ta:20191030221123p:image

 

台風や雨、子供の学園行事の延期等の影響でぜんぜん釣りに行けず釣りネタがありません!

プラドネタばかりですが許してください!

 

フィルムの貼る上で濃さに悩んでいる方も多いと思うので参考になれば幸いです!

 

自分で作業をしようかなとも思いましたが綺麗に貼れる自信がなかったので今回は業者にお願いしました!

やっぱりプロが貼ると出来栄えが違いますね!

 

過去に自分で貼ったクルマもありましたがところどころ気泡が残り見栄えが悪かったしフィルムの色も1年くらいで薄くなっていたので自分での作業はおすすめしません!

 

 

 

貼り付けたフィルムについて

 

私がプラドの窓ガラスに貼ったフィルムは東レのルミクール「ハードスモーク」です。

ルミクールのラインナップの中では最も濃いフィルムで可視光線透過率は3%です!

f:id:yu-_ta:20191030221714j:image

出典 IKC株式会社

写真はプライバシーガラスではない無色のガラスに貼った時の参考画像です。

有色のプライバシーガラスに貼るとさらに濃くなります。

 

私は1番濃いフィルムを選びましたがルミクールシリーズの中で人気のフィルムはと施工業者に聞いたところピークスモーク(7%)、ダルスモーク(13%)が人気なようです!

 

参考までにダルスモーク(13%)を無色のガラスに貼ると純正プライバシーガラスのような色になるそうです。

 

ダルスモーク(13%)でも純正プライバシーガラスに貼るとだいぶ濃くなりかなり近くで見なければ車内は見えないレベルになります。

それでいて夜間の室内からもある程度は外が見えるので車内のプライバシー保護と運転視界の両方を確保したい方は可視光線透過率13%くらいのフィルムがいいいと思います。

 

 

ちなちにルミクールシリーズは断熱機能はありません!

よく断熱機能付きのフィルムの方がいいと勧められますし実際に今回も「断熱フィルムにしませんか?」と勧められました。

私も過去に断熱機能付きのフィルムを貼ったクルマもありましたがはっきりいって差をほとんど感じることはありませんでした。

 

断熱フィルムを貼ってもスタンダードフィルムでも夏の車内は暑くなります!

 

正直なところ価格差に見合った機能が断熱フィルムにはないと思うので私は断熱フィルムはもう選ばないことにしています!

 

カーウィンドウフィルム施工

 

施工前の写真を撮り忘れてしまったので過去の写真を載せておきます。

f:id:yu-_ta:20191026231853p:image
f:id:yu-_ta:20191026232043j:image

こんな感じでプライバシーガラスとはいえ反対側の景色がはっきりと写っています!

 

施工後はどうなったかというとこうなりました!

f:id:yu-_ta:20191030222223p:image

同じ角度から撮っていますが反対側は全く見えません!

 

 

外から見るとクルマが全体的に引き締まった印象になりますね!

私のプラドのボディカラーは白ですが黒いボディカラーだとガラスの色と合ってさらに引き締まって見えてよりカッコいいですよね!

 

f:id:yu-_ta:20191030222241p:image

バックドアガラスからも車内は見えないですね!

 

かなり近くから撮ってみました!

f:id:yu-_ta:20191030222346j:image

カメラで撮ると外の景色が完全に反射してしまいます!

近くで見ても真っ黒です!

 

 

車内はこんな感じです!

f:id:yu-_ta:20191030222506j:image

昼なら外は少し暗いですが普通に見えます!

しかしバックミラーでの後方確認は昼間でもかなり見にくいです!

よってバックカメラは必要ですね!

 

 

www.kasuminosora.com

 

さらに雨の日や夜は外が見えにくいので運転には注意が必要です!

 

とくに夜は後続車のヘッドライトの明かりとヘッドライト周辺の車体がうっすら見えるだけであとはなんにも見えません!

ちなみにバックミラーは夜間はほぼ役立たずです。

 

後続車がいないときはヘッドライトの明かりがないので外の街頭まわりがうっすらとみえるのみであとはなーんも見えません!

 

 

まとめ

 

これで釣具を入れていても外から見えなくなりました!

3%のフィルムなので顔をガラスにつけて覗いても車内はほぼ見えません!

 

当然ですがフロント3面から見ればロッドが搭載されているのは見えますがフロントからではロッド、リールのメーカーまで認識するのは難しいです。

 

私がカーフィルムを貼る1番の理由は車内の釣具を簡単に外から目視できないようにすることなので最も濃いフィルムを選んで正解でした!

 

施工業者の方がフィルムを貼り付け後に可視光線透過率を測定してしましたが小数点以下を測定できない測定器で1%でした。場所によっては0%でした!

3%フィルムをプライバシーガラスに貼るとほぼ0%の可視光線透過率になるようですね!

 

ちなみに施工業者の方に他のフィルムをプライベートガラスに貼るとどれくらいの可視光線透過率になるのかと聞いたところトヨタのプライバシーガラスだとピークスモーク(7%)を貼ると3%くらいでダルスモーク(13%)で4から5%くらいの可視光線透過率になることが多いとのことです!

この数値からもプライバシーガラス搭載車種で通常使用なら13%フィルムで十分な濃さな気がしますね!

 

釣り道具や車内に高価な物を置いてクルマから離れることが多い方は濃いフィルムにしといた方が盗む側としてもパッと見で車内が見えない状況のクルマには手を出しづらいと言われているので車上荒らしへの抑止力は高いと思います!

 

嘘か真実かはわかりませんがあおり運転への抑止力もあるらしいですよ!

後方からみて濃いスモークの車は威圧感があるのであおる方もためらうのかもしれません。

しかしあおり運転をされるきっかけは自分にあることが多いので無理な運転は禁物です!

 

デザイン的にもカッコよくなるし車上荒らしやあおり運転への抑止力もあるなら安いものではないですが貼っておいて損はないかもしれませんね!

 

というわけで最後までお付き合いいただきありがとうございました!