『バス釣り』冬の鉄板アイテム!メタルバイブをテトラで駆使する!『霞ヶ浦水系』

冬のバス釣りは釣れません。まぁ当たり前ですよね!

そんな釣れない冬のバス釣りなくてはならない鉄板ルアーといえば文字通り鉄板(メタルバイブ)ですね!

そんなメタルバイブのテトラ攻めを考えたいと思います!

スポンサーリンク

メタルバイブ

冬になると鉄板をシャクったら釣れたなど鉄板というワードをよく聞きます!知らない人が聞いたら冬の鉄板ポイントや鉄板ルアーが霞ヶ浦には存在するのかと勘違いしそうだし、実際私が初心者だった時に霞ヶ浦の水門から鉄板が伸びるポイントでルアーをシャクったら釣れたんだと本気で思ってたときもありました!

ですがなんのこともないメタルバイブのことを鉄板と呼んでいるだけです。初心者の方も多く読んでいただいているので一応メタルバイブ=鉄板ということだけ書いておきます!

メタルバイブの攻め方にはリフト&フォール、タダ巻きなどいろいろありますが王道はリフト&フォールだと思います!

さらになんにもないエリアでのリフト&フォールよりはテトラ絡みのリフト&フォールが冬場は特にモチベーションの観点からいい気がするのでメタルバイブのテトラ攻めについて詳しく書いていきたいと思います!

スポンサーリンク

メタルバイブによるテトラ攻略

テトラ攻略なんて偉そうに言ってますが簡単には釣れません。冬ですから…。参考程度にお読みください。笑

メタルバイブによるテトラ攻めは基本2つの方法で攻めていきます。

リフト&フォールとタダ巻きですね!

タダ巻き編

霞ヶ浦水系には沈みテトラエリアが点在していて冬の一級ポイントになります。

見えませんがテトラが沈んでます。

そういった沈みテトラの直上をタダ巻いてくるのがメタルバイブのテトラタダ巻きです!

メタルバイブの小刻みなバイブレーションと明滅効果で釣る方法ですね!

巻くスピードは早巻きです!食わせるというよりはリアクションで狙う釣りなので早巻きがベストです。

使うメタルバイブのウェイトはテトラが沈んでいる水深により変えていきます。早巻きだとメタルバイブが浮いてくるのである程度重さのある7〜14gくらいのウェイトを使ってテトラの直上を狙えるように調整します。

しかしタダ巻き編と見出しを打っておいてなんなんですがメタルバイブの使用方法としてはテトラのタダ巻きはあまり使う方法ではありません。テトラ直上を狙う釣りとなると他にジャークベイトやバイブレーションなんかで狙っていく方法の方がよりバスをキャッチできる気がするのであまり巻きでメタルバイブを使うことは私はしないです!

タダ巻きはテトラの直上を早巻きで!!

リフト&フォール編

さぁでは本命のリフト&フォールです!

冬のメタルバイブテトラ攻めといえばこの釣りってくらい大本命な方法です!

やり方は簡単!テトラに落としてリフト&フォールするだけです!

では詳しく説明します。

ちなみにこれから書く方法は足元のテトラにメタルバイブを真っ直ぐ落とす方法で書きます。キャストする方法では無いので注意してください。

リフト&フォールといってもその方法はさまざまでボトムから表層まで全層でリフト&フォールを繰り返すのかボトムから数センチなのか中層?表層?ってことになると思います!

これはシャクるっていうくらいなんで軽くロッドを煽るだけです!リフト&フォールというとしっかりとロッドを上下させているイメージになりますがそこまで大袈裟にロッドは上下させません!

素早くロッドを上げてすぐに下げラインテンションを無くしてフリーフォールの繰り返し。具体的にはロッドティップを50センチくらい上げて下げるって感じでしょうか。ロッドのしなりとラインスラッグの影響で水中のメタルバイブは30センチも動かないくらいです。どうでしょうイメージより動きは少ないと感じるのではないでしょうか?

でもこれで大丈夫です!

動かし方はわかったので次は狙うレンジです。

レンジはテトラの配置により変えます。

規則的に並んでいてボトムまで落ちる穴が明確な場合は表層付近とボトムの両レンジ。

不規則に並びボトムまで到達する穴が不明な場合は表層付近のみ。

これで狙います!理由ほ簡単で単純に根掛かり対策です。

ボトムまで落ちるかわからないところでメタルバイブを沈めるとすぐにテトラに挟まってロストします!

それにヤル気のある個体を狙うなら表層から50センチくらいまでのレンジにいるバスだけで十分なのでリスクを取ってまでボトムを狙う必要はありません。釣れる魚もヤル気のあるやつの方が多いですからね!

ボトムに沈んでいるヤル気ゼロの個体をロスト覚悟であえて狙う必要はありません!

レンジ調整では使うメタルバイブのウェイトも重要になってきます。表層付近で狙う時は3〜5gくらいで軽いメタルバイブを使うのがベストです。

ボトムまで落として使う場合はボトムに落ちるまでの速さも重要になるので7〜10gくらいがベストです!その時の狙い方によってウェイトを変えてみてください!

狙うテトラについて。

このリフト&フォールで狙うテトラは目に見えているテトラだけです。特に水深があるエリアの見えるテトラは絶対に撃っておきたいですね!

タダ巻きの時は沈みテトラの直上を狙うと書きましたがリフト&フォールの時は沈みテトラは基本的に狙いません。これも根掛かり回避のためです。見えないテトラに落として使うのは不規則に並んだテトラで使うよりも操作が難しくロスト率が高くなるのでやりません!

最初に書きましたがこの釣りはキャストしません!キャストしない理由もおわかりだと思いますがロスト対策です。とにかくロストを避けるのがメタルバイブをテトラで使う時の鉄則です!

スポンサーリンク

まとめ

さっきからロスト、ロストってビビり過ぎじゃね!?とお思いかも知れません。でもこれはビビりでもなんでもないんです。冬場のルアーロストは本当にモチベーションを下げます。メタルバイブとはいえ無くしたらなかなかショックなもんです。冬場は釣れる可能性のある釣りをやり続けることで少ない可能性をモノにすることができる季節です。

そんな季節にルアーをロストしたから別の釣りにしょうなんてちょくちょく狙い方を変えていてはせっかくのチャンスを逃してしまうかもしれません!

よってメタルバイブによるテトラ攻略はロストしないことを第一に考えて行動したいですね!

今回はメタルバイブについて書いてみました!

冬のバス釣りをやってる人には今更な記事ですが初心者の方も多く読んでいただいているので何かの参考になれば幸いです。

では最後までお付き合いいただきありがとうございました!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
     メガバス オンライン商品

コメントを残す