霞の空 ゆーたのバス釣り釣行記

東京在住の二児の父をしているゆーたと申します!霞水系の釣果や釣りに関することを書いていければいいなと思っています。子供が小さくあまり釣りには行けませんがバスが釣れた時の感動を伝えていければなと思います!

ダイワ。新作フロッグ!スティーズ チキータフロッグ購入!想像以上に小さいのでいろんなフロッグと比べてみました。

 

先日の釣具屋巡りでスティーズチキータフロッグの入荷日にたまたまあたり購入することができました!

 

フロッグが大好きな私はスティーズフロッグJrよりも小さいフロッグが発売されると聞いてからずっと楽しみにしていました!

 

スティーズフロッグJrより小さいのだからスティーズフロッグgrandchild(孫)だな!

なんてくだらない事を考えていました!笑

アホです

 

やっと発売されたので手に入れられました!

f:id:yu-_ta:20190609215508j:image

 

ボトムアップの新作スピナベのビーブルを探しに行ったらたまたまチキータフロッグの陳列がはじまり買えました!

ビーブルに続きラッキー連発です!

 

陳列している時に買ったのでそのお店のチキータフロッグ購入者第1号です!

 

はい!どうでもいいですね!笑

 

 

 

パッケージ開封

 

さぁそっそく開けてみましょう!

 

当たり前ですがなんといっても小さい

対象物がないとサイズ感がわかりませんね。

あとで別のフロッグと比べてみましょう。

f:id:yu-_ta:20190609083039j:image

ラバーは長いですね

ラバーはそのままでの使用がおすすめとありましたがはたしてどうなのでしょうか?

長いとドッグウォークの邪魔になることもあるので気になりますね!

 

使ってみてからカットするか考えましょう!

 

一度はオリジナルで使うのが私なりのフロッグ改造ルールです。

 

サイズは38ミリ

ウェイトは6.2g

 

こないだ紹介したスピンガヴァチョよりも小さいです!

 

横から見てみます!

f:id:yu-_ta:20190609083154j:image

ほんとに小さいですね!

指で持つとその小ささが際立ちます!

 

潰してみましょう!

f:id:yu-_ta:20190609083253j:image 

フックポイントもしっかり出てフッキングは悪くなさそうです!

 

フロッグに大切なベリー側はこんな感じです!

f:id:yu-_ta:20190609083534j:image

裏はブラックベリーでアピール力が高いカラーになっていました!

 

 

ほかのフロッグと比べてみる

 

まずはスティーズフロッグシリーズの小型フロッグであるスティーズフロッグJrと比べてみました!

f:id:yu-_ta:20190609083457j:image

Jrと比べてもさらにふた回り近く小さいですね!

 

お次はスティーズポッパーフロッグJrです!

f:id:yu-_ta:20190609210255j:image

形的にはスティーズポッパーフロッグの孫な感じですね!

 

さらにバスタークスリザークです!

f:id:yu-_ta:20190609210343j:image

スリザークもなかなか小さいフロッグでしたがそれよりもかなり小さめです!

 

スピンガヴァチョと並べましょう

f:id:yu-_ta:20190609210430j:image

いままで私のフロッグのなかでは最小だったスピンガヴァチョですがそれよりも小さいです!

 

いろいろなフロッグと比べてみたのでサイズ感がわかりやすいのではないでしょうか!

 

他にもフロッグを持っているので、今度、私のカエルたちを紹介したいですね!

 

チキータフロッグの出番

 

私が現段階で考えているチキータフロッグの出番は虫パターンですかね!

 

エビパターンにはスピンガヴァチョの透け感のほうがマッチしている気がします!

 

小さいのでアピール力もそこまで強くないはずなのでオーバーハング下なんかでエサを待っているバスにダイレクトにアプローチしたいフロッグだなと思います!

 

チキータフロッグのカラーバリエーション的にも虫にイミテートした方が面白そうな気がしますし!

 

 

まとめ

 

最小サイズのフロッグたちはポッパー系のカップを設けて水の抵抗を大きくする傾向にあるようですね!

ドッグウォーク対策だと思います!

 

最小クラスのフロッグであるスピンガヴァチョは非常にドッグウォークがやりやすいフロッグですがさらに小さいチキータフロッグはどうなのでしょうか?

パッケージ裏に誰でも簡単にドッグウォークできると書いてあるので期待してます!!

 

フロッグはドッグウォークがやりやすいかどうかが一番大切だと思っているのでこの辺が一番気になるところです!

 

今回はパッケージから開けただけなのでその辺はわかりませんがつぎの釣行で使用してくるので使ったらインプレしようと思います!

 

フロッグが小型化されてきてバイトをたくさんもらえるようになるのは嬉しいのですが、フロッグに使っているベイトリールの13メタニウムでは扱いずらいと感じるフロッグが増えてきたなと同時に感じています。

 

そろそろフロッグタックルの見直しも必要なのかもしれません!

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました!