秋のバス釣り対策!秋はボトムじゃなく中層を釣る!

今回は秋のバズ釣りについて考えてみたいと思います!

前回釣行でデコってしまったので基本をしっかりと思い出して次の釣行に繋げるのが目的です。

www.kasuminosora.com

秋は釣れる時は釣れる季節ですが釣れない時はボウズも当たり前という季節です!

f:id:yu-_ta:20191113221138j:image

事前に秋の釣り方を頭の片隅に入れておくと引き出しが増えるのではないでしょうか!?

そう思って基本に戻りたいと思います!

スポンサーリンク

秋のバス釣りを考える

前回、ボウズになったことを踏まえていろいろ考えました。

秋は巻物と言われてきますが巻物だけでは難しいと以前に記事にしました。

www.kasuminosora.com

しかしそれ以外にも秋は巻物、打ち物ともにボトム一辺倒では難しいのも特徴だと思います。

前回の釣行では私の意識がボトムに強かったのがボウズになってしまった1つの要因だと考えました。

夏は表層とボトムを意識して釣りをしていくのがいいと思いますが秋はそれに加え中層も意識しないといけないなとあらためて感じました!

夏の釣りから移行していくのでどうしてもボトムや表層への意識が先行してしまい中層は二の次になっている気がします。

ハードルアーでもワームでもトップとボトムに絞って使っていることが多かったなと感じました!

秋は巻物の記事で各レンジを探ると良いと自分で書いているのに前回の釣行ではサーチベイトとしてスピナーベイトを軸にして使用していましたがボトムのストラクチャーにコンタクトさせることを意識して使っていました!

これでは中層を探れていません!

ワームでの釣りもシンカーを使ったボトム狙いでした。

あらためて考えると前回の釣行は夏の釣りを引きずり表層、ボトムを意識した釣りを展開してました!

これが私が秋に釣れなくなる理由の1つだと考え対策したいと思います!

秋のバス釣りは中層を釣る

偉そうな見出しですが私、デコってますから。笑

秋のバスは中層に浮いていることが多いです

これは水質やバスが狙ってるベイトの種類によるところがあると思います!

秋の水質はターンオーバーにより他の季節よりも悪いことが多いです。

それに加えて朝晩の冷え込みによる水温の変化などもあります!

秋は水質が悪く、酸欠状態にあることが多いわけですね。その状況でさらにボトムは底から巻き上げられた汚泥とゴミで最悪な環境になっています。

www.kasuminosora.com

またターンオーバー後の冷たい水がボトムに溜まっていることもあります

それらをバスがきらい中層に浮いていることが多いようです!

また秋はこれまでのメインベイトであったエビ、ゴリの数が減ってきて捕食対象がベイトフィッシュに移行していく季節でもあるのでエサを求めてボトムやストラクチャーにべったりということも減るようです。

こういったベイト要因でのバスの行動パターンの変化もあります!

これらの理由から秋のバス釣りは中層を意識していくのがいいと思います!

わかっていてもいざポイントに立つと安易にボトム狙いになっちゃうんだよなー。巻き物も撃つ釣りもボトム狙いの方が楽ですからね。

私の悪いところです。

中層狙いと言われるとアフタースポーンシーズンの中層狙いを思い出しますがバスの活性が高い秋はアフタースパーンのようにストラクチャー絡みの中層という構図ではなくなる気がします!

実際に前回の釣行でもテトラノーシンカー撃ちで釣果をあげられなかったです。

そのことからもストラクチャー絡みの中層にべったりというよりも一点に留まらず中層で活発に動いていると判断したほうがいいと思います!

広範囲を探れるルアーがよさそうですね!

スポンサーリンク

秋の中層おすすめルアー

おすすめというよりは使いやすいなと思うルアーを紹介したいと思います!

スピナーベイト

これはもう巻物の鉄板アイテムですね!

使いたいレンジでレンジキープしてあげればとのレンジでも探れる最高なルアーです!

おすすめはノリーズ『クリスタルS』 エバーグリーン『Dゾーン』 ボトムアップ『ビーブル』このへんが私がよく使うスピナーベイトです!

ジャークベイト

フローティングタイプのジャークベイトなんかも広範囲を素早く探れるのでいいですよね!

私がよく使うのはエバーグリーン『サイドステップ95』です!

サイズ感もよくベイトにマッチしてる感じが好きでよく使ってます!

スイムベイト

ワームでの横の動きならこれですね!

ノーシンカーでスローに巻いてくれば中層直撃です!

私がよく使うのはケイテック『スイングインパクトFAT』ボトムアップ『ヴァラップスイマー』なんかですかね!

スモラバ

ファールスピードが遅いので中層のバスにも見せられます!

自作スモラバを使用してます!

ノーシンカーワーム

アフタースポーンのときも活躍してくれましたが魚の居場所が特定できそうな時なら秋でも有効なリグです!

私の使用ワームはゲーリーヤマモト『ヤマセンコー3インチファット、4インチ』 OSP『ドライブスティック』の順刺しを多く使用してます!

www.kasuminosora.com

他にもデラクーやクランクなどいろいろ使いますが多くなるのでこのへんにしておきます!

秋はボリュームのあるエサを求めていることが多いのでサイズは大きくしてもいいと思います!

スポンサーリンク

まとめ

本来、この記事はバスを釣ってから書きたかったんですが前回は久しぶりの釣りで舞い上がってしまい完全に中層意識がぶっ飛び夏っぽい釣りを展開してしまいました。

そのうえいつもなら最後は巻き倒して終わるのに消極的になりワームの釣りで終わるという私らしくない選択までしてしまいました。

デコるかもという焦りから良くない選択をしてしまいました。

夕まずめに巻いていればもしかしたら釣れていたかもしれません!

たらればですが。

デコってしまったものはしょうがないので次回に向けてこんな感じで考えて対策してみました!

生き物ありきのことなのでそううまくいくものでは無いですが傾向と対策を頭の片隅に入れておくのとノープランではだいぶ引き出しの数が違うのでもし良ければこの記事を頭の片隅に入れておいてヤバくなった時に思い出してもらえたら幸いです!

デコったやつが偉そうに言うんじゃねーと耳が痛いことは言わないでください。泣いてしまいます。

最後までお付き合いいただきありがとうございます!

ご質問、ご意見、釣り同行依頼等はお問い合わせよりご連絡お願い致します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメントを残す